おもてなしの教室、食の幸、飾の幸Happy Table主催。
器大好き!テーブルコーディネートを楽しむ日々。
スポンサーサイト *

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.08.04 Tuesday /// - / -
ブログをお引っ越ししました。 *
 
いつも読んでいただいてありがとうございます。

8年あまり続けてきましたハッピーテーブルですが、今年の3月に東京へ引っ越して

環境が変わったのを機に新しいブログにお引っ越しすることにしました。

新ブログはこちら 


ハッピーテーブル   (タイトルは同じです)


今まで通りテーブルコーディネートのことはもちろん、東京での

暮らしもつづっていきたいと思います。

ご興味ありましたら、引き続きよろしくお願いします!
2015.08.04 Tuesday /// comments(0) / trackbacks(0)
アシエンダ デル シエロ〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり


猛暑の中行ってきました^^2015年7月に訪問。

今回ご紹介するのは、代官山にあるモダンメキシカン 「アシエンダ デル シエロ
おしゃれメキシカンとしてかなりの人気のようです!

こんな本も出されています。

本によると、伝統的メキシコ料理から、アメリカの食と融合した1品までとあるので
分類は,鉢⇔省ですね。
化学調味料を使わずに、食材の味を大事にされているそうです。



上に見えるヘビ柄のものは、マヤ文明の神、ククルカン(羽毛をもつヘビ)の
モチーフだそう。裏側からのほうがヘビがよく見えたね・・・



ラグジュアリーなリゾートをイメージした店内。




9Fにあり、テラス席もあります。

ランチメニューです。



今回は今まで食べたことがなかった、tex-mex料理のチミチャンガというのを
注文してみました!

小麦粉でできた大判のトルティージャに具をつつんだものが、ブリトー。
ブリトーを油で揚げたものが、チミチャンガです。



まずは、サラダ、七面鳥のスープ、白ワインベースのサングリア。




初チミチャンガ♪ すごくおいしかったです!
思ったより大きくなくて、良かった。揚げてあるからボリュームあるからね。

中身は、牛肉とサフランライスとチーズ。

下のソースは、チレアンチョのソースだそうです。なんか食べたことある味だけど、
何だろう?ってわからなかったので、お店の子に質問しました。

ひとりで来て、あれこれ聞いてくるおばさんに、やさしく答えてくれました(笑)。
まわりのお客さんも若者ばかりでしたわ。

ランチは飲み物がついて 1,000円です。


お店の料理本にも、サルサ・アンチョの作り方、のっていました^^
チレ・アンチョとは、チレ・ポブラノというピーマンのようなとうがらしを乾燥させた
もので、甘さと香りがあって、だしが出るそう。


この本には、ほかにも 「白身魚のベラクルス風」とかクリスマスにメキシコシティで
食べられる棒タラの料理のアレンジ版とかのっていて、日本で手に入る食材で
本場の料理を再現できそうなのもいいなあ〜と思いました。


夜もきっと雰囲気良さそうです。
大人数でわいわい行ったら楽しそうですね☆








  いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.30 Thursday /// comments(0) / trackbacks(0)
白のプレートでタコスを食べるテーブルコーディネート *
JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

タコスで晩ごはんのとき、鶏ガラを煮込んでスープのだしをとっている間に、
テーブルをセッティングしてみました^^

 

今は3人家族ですが、一応バランス良く4人分でセッティング。
夫が帰ってきて、「あれ?きょう誰か来るんだっけ?」とひとこと (笑)。

いつもはせっかくなので、メキシコ料理のときはメキシコの器を使うのですが・・・

メキシコグッズは一式名古屋においてあるので、今回は白いプレートで。
テーブルクロスを黄色にして、明るさを出してみました!

引っ越しのときは、食器は半分くらいしか持ってきませんでした。
そのおかげで棚はすっきりしてるので、とっても取り出しやすく使いやすいんですけどね。

いちおう普段使いからお客さんまで想定して、選んでもってきたのはやはり
白い器が中心です。

あとはクロスやマット類を何パターンが持ってきたので、それでイメージを
変えていこうと考えています。

どうしてもあれこれ物を増やしてしまいがちですが、あるものをうまく使いまわして
なおかつセンス良く楽しめたら、理想的ですね!

(そんなこといいながら、この前久しぶりにお皿を買ってしまったわ〜、苦笑)


コストコでこんなのも買いました^^

ワインカクテルとか書いてありますが
マルガリータはテキーラベースのカクテルですね。
この夏はこれを楽しみたいと思います♪



メキシコ料理紹介シリーズ、自分の頭の中の整理もかねて長々と書きましたが、
どなたかひとりでもふたりでものご参考になればうれしいです^^

次の行くお店は決めてあるんですが、猛暑の中、出かけるのをためらっております。
また行ったらご紹介します。

みなさんもどうぞおからだご自愛ください。






いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.28 Tuesday /// comments(0) / trackbacks(0)
タコスの次の日は・・・メキシコのおふくろの味♪ *
JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

タコスの晩ごはんの翌日のお昼には、残っているメキシコ食材をアレンジ。

エンチラーダ



エンチラーダとは、トルティージャをラードにさっとくぐらせて、中に具をつめたものに
ソースをかけていただく料理。とろけるチーズをかけてグラタン風にしましたが、
メキシコではおろしチーズや生クリームをかけてあっさりといただきます。

具は鶏肉をゆでてさいたものがはさんであります。鶏をゆでたダシはスープに
なりました→こちらもまた紹介します!



今回はサルサ・ロハをかけました〜。メキシコではチレグアヒージョという唐辛子を
使って、トマトソースに辛みをつけるそうですが、手に入らないので、ハラペーニョの酢漬け
を使って辛みをつけてあります。グアヒージョはコクと旨味がある唐辛子なので、
コクを出すためにドライトマトもいれてあります。

前回トルティージャはごはんのようなものと書きましたが、エンチラーダはさしずめ
日本でいう雑炊みたいなものなるのでしょうか。


これらのようなトルティージャを使った応用料理を 「antojitos」アントヒートスと
呼び、スペイン語で欲しくてたまらないという意味とのことです。

アントヒートスはほかに、(ラードで揚げ焼き) タキートス
               (ラードで揚げる)   トスターダス、トトポス
               (サルサで煮る)    チラキーレス     などがあります。


そして、翌々日の朝ごはん!

ウエボス・ランチェロス



トルティージャを多めの油で熱してあたためてお皿にもる。
目玉焼きをのせて、ソースをかけたものです。
おろしチーズをかけて(省きましたが)いただきます。

おろしチーズは、ケソ・アニェホというリコッタチーズみたいなものです。


渡辺シェフの本によると、トルティージャは4000年前の先住民時代から食べられていたそうで、
同じく食べられてきた、いんげん豆(フリホーレスという豆の煮込み)はタンパク質、
とうがらしはビタミンC、トルティージャは炭水化物と、栄養のバランスにもとても
すぐれた食文化だったことがわかります。


最後にスープをご紹介♪

コンソメ デ ポジョ (鶏のコンソメスープ)



メキシコはスープの種類も豊富ですが、こちらはとってもシンプルなスープ。

骨付き鶏肉でダシをとります。この時に鶏胸肉もいっしょに茹でて、さいておきます。
(一部は↑のエンチラーダに使いました!)

味付けは塩味のみ。具には、ごはん、鶏肉、他にはアボカドやひよこ豆など。



シラントロー(コリアンダーのこと)、玉ねぎ、ライム、とうがらしの刻んだものを
薬味に入れて・・・




いただきます!
とってもからだにやさしい味です。



いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.27 Monday /// comments(0) / trackbacks(0)
暑い日にはおうちでタコス☆ *
JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

猛暑が続いています。

我が家は暑くてなにもごはん作りたくな~いという日はよくタコスにします♪

サルサを作って・・・



牛肉を焼いて、トルティージャにはさんで、サルサをそえてライムを絞って
食べるたけなので、超簡単!
あと定番の簡単な具は、とろけるチーズ♪



この前はちょっと頑張って、豚肉のオレンジ煮というのも作ってみました。

最近紹介したお店のタコスには、最初からレタスなどの生野菜やトマトなどの
サルサが盛り付けられていましたが、メキシコのタコスはわりとシンプルで
↑のように具だけのって出てきて、あとは自分で好きなサルサをトッピングして
食べるスタイルです〜。



この本でもメキシコとアメリカのタコスの違いがわかりやすく載っています。



こちらも我が家で人気のフィッシュタコス♪

メキシコのあとに暮らしたアメリカのサンディエゴでよく食べました!
レタス、白身魚のフライにマヨネーズをかけて^^
こちらのトルティージャは、小麦粉でできたものです。



タコスについて

トルティージャに肉、魚、野菜などの具をはさんで、好のみのサルサをかけて
いただくもので、いわゆるメキシコのファストフード。

トルティージャとはとうもろこし粉をねって、うすくのばして焼いたもの。
渡辺シェフの本によると、とうもろこしの粒を石灰を入れた湯でよくゆでるという
工程があるので、カルシウムの補強にもなっているそうです。

トルティージャは日本人のごはんのようなもので、焼いて食べるだけでなく
揚げたり、サルサで煮たりしてもいただきます。

次回そのアレンジ版をご紹介します!



いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.26 Sunday /// comments(0) / trackbacks(0)
グズマン イー ゴメズ〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり

今日紹介するのは、原宿に2015年4月にオープンしたオーストラリア発の
メキシカン プレミアム ファストフード 「グズマン イー ゴメズ

オーストラリアのメキシコ料理ってどんなの〜?と興味深々で6月に訪問。



メニューはタコスやブリトーなど軽食。分類はtex-mexですね。

1からベースのアイテムを決めてから、2で具材を選ぶというシステム。

わたしはソフトシェルタコス2個を選んで、具材はチキンとフィッシュを選択。



なんだか包み紙もポップでおしゃれ〜☆

チキンはオリジナルサルサでチキンをマリネ、グリルでジューシーに焼きあげた人気
No.1
フィッシュは肉厚な白身魚をソテーし、ライムとガーリックチリの効いた特製
モッホデアホサルサと一緒に
とメニューに書いてあります。



わたしがいいなあ〜と思ったのは、このトルティージャ。
ちゃんとコーンの味もしておいしい上に、この大きさも厚さもグッド!

メキシコで習った、片手でつまんで、中身がこぼれないように顔を傾かせて
ぱくっと食べるという食べ方ができるサイズです(笑)。

1個に2枚づつついてくるので、2個の注文でも満足できます〜。
(3個で注文もできる)
お値段はタコス2個と飲み物(コーラを選びました^^)で、950円です。

ファストフードにしては少し高いのかな。でも食材にこだわりがあるみたいだし、
栄養バランスやヘルシーさの点では、今の時代に合っているのかなと思う。



店内もおしゃれです♪

メキシコのトップアーチストのアートが飾られた店内には、NYのDJがミックスした
最新のラテンミュージックが流れているそう。(あれ、音楽は気がつかなかった・・)

本場のメキシカンのおいしさとラテンカルチャーの体験を広めるがお店の
コンセプトだそうです。

ぜひお試しください〜。









いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.23 Thursday /// comments(0) / trackbacks(0)
エル カリエンテ〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり

メキシコ料理紹介シリーズ第2弾は、品川にある 「エル カリエンテ」です。

お店のコンセプトが、ニューヨーク モダン メキシカンということで、
いわゆるコテコテのメキシコっていうイメージではなく、インテリアもスタイリッシュ
でモダンな感じです。(写真がなくてごめんなさい)

なので、お料理は△tex-mexですね。

お店に入っていくと、若い店員さんたちが元気に、「Hola(オラ〜」(スペイン語で
hello)と迎えてくれます。


2015年6月に訪問



チキン、ポーク、ベジタブル、フィッシュのタコス
トルティージャ(タコスの皮)が薄めで、クレープみたいな印象。




おともだちが食べたトスターダのサラダ。大きい!
友人いわく、アメリカのファストフード店にこのメニューがあって、昔良く食べたそう。



ランチはスープとおかわり自由の飲み物がついて、1,000円でした。

ちょうど1年前2014年の6月にも一度訪れていました。この時は夜。



何を頼んだのか記憶が薄れてますが(汗)、トルティージャのスープとか
セビッチェだったかな?

正直初めて行ったときは、自分の持っているイメージと違ったので、これはメキシコ料理屋さん?
とちょっと戸惑いましたが、おしゃれに進化しているスタイルとして楽しめそうです☆

食器はカラフルなのが使われてますね。

品川駅降りてすぐのアトレの中にあるので、アクセスの良さが一番でしょうか。
姉妹店が代官山(アシエンダ デル シエロ)と丸の内(ムーチョ)にあります。



最後にtex-mexについて。

アメリカで合理化されて100年以上前から米国民に親しまれてきたメキシコ料理。

もともとテキサスとカリフォルニアはメキシコの領土だったのだが、1846年から48年の
米墨戦争でメキシコが破れて、アメリカに領土になったという歴史があるので、tex-mexの
ルーツもそこからきたんでしょうか。texとはテキサスのことを言ってます。

日本に入ってきているメキシコ料理はアメリカから伝わってきているので、こちらの
料理が主流です。

ブリトー、ナチョス、タコスの揚げてある固い皮(タコシェル)などは、メキシコにはなく
アメリカで進化したメキシコ料理です。

タコシーズニングやチリパウダーなど市販の味付け調味料を使うことが多いようです。

手軽でボリューミィーなイメージですね!


次回はタコス編!
いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.22 Wednesday /// comments(0) / trackbacks(0)
サルシータ 〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり

まず第1回目の紹介は、広尾にある 「サルシータ」さん。

分類としては、,療租的メキシコ料理です。

つい先日にはシェフが、「メキシコ料理大全」という料理本を出されたばかりです。
わたしはまだ読んではいませんが、メキシコ好きの方からはかなり評価が
高いようです。ぜひ、チェックしなければ!

2014年4月に訪れたときのランチプレート。



左から、エンチラーダ、フリホーレスとトトポス、サルサ、牛肉のタコス

先日2015年7月に再訪しました。




若鶏のアーモンドモーレ。モーレについては後ほどご説明しますが、このモーレ
わたしが今まで食べた中で一番おいしかった!!

インテリアも、コテコテのメキシコぽくていい感じ♪








テキーラもたくさんありそうですね。ぜひ夜にも行ってみたいです^^
ランチはサラダかスープと飲み物がついて1,000円でした。



ところで、何度も書いている「伝統的メキシコ料理」について


伝統的メキシコ料理はフランス料理地中海料理と並んで2010年にユネスコの
世界文化遺産に登録されています。日本の和食よりも前ですね〜。

とうもろこし、とうがらし、トマトなど先住民時代から使われてきた食材にスペイン伝来の
調理法が融合して生まれた料理で、自然の食材を生かした調理法が特徴です。

手間ひまがかかり繊細な味付けという部分では、和食に通じる部分があるような気もします。

メキシコ料理というと辛いイメージがあると思いますが、生や乾燥のとうがらし(チレといいます)
が合わせて何十種類もあり、苦い辛さ、甘い辛さ、コクやうまみのあるものなどがあり、
サルサに入れるだけでなく、それぞれの持ち味を生かして野菜として煮込み料理に使われています。
また調理法も焼いたり、焦がしたり、揚げたりと多様です。



上記のサルシータさんも、メキシコ直輸入のチレやスパイスを使って、自然な味を
大事に引き出す料理にこだわっておられるようですね。



モーレとは、簡単にいえばチョコレートソースといわれるもので、
チョコレート、アーモンド、ゴマ、数種類のチレ、シナモン、ピーナツ、アニス、レーズン等をすりつぶしてラードで炒め数時間弱火で煮たもので、肉料理のソースとして使われます。

プエブラ洲やオアハカ洲のモーレが有名で、色も茶色、濃いコーヒー色、オレンジ、緑、
黒といろいろあるようです。

調理法を見てもわかるように、けっこう胃には重たい料理なのですが、サルシータさんで
いただいたのは、かなりさらっとしていて、食べやすかった^^


ほかのお料理もたくさんありますが、またおいおいご紹介できたらと思います!





  いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.20 Monday /// comments(0) / trackbacks(0)
メキシコ料理食べ歩き in Tokyo *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり

東京で暮らすようになって、たくさんメキシコ料理屋さんがあるんだなあと知りました。

昔からある老舗レストランから、最近できた新しいお店までさまざま!

特に最近は、タコス屋さんが続々オープンしているみたいで、ちょっとブーム来てる?
ぜひ来てほしいなあ〜という願いも込めて、わたしが実際に行ったお店の紹介を
してみたいと思います♪


まずは、わたしなりにメキシコ料理についての説明から。
この本を借りてメキシコ料理についても再勉強しました。



代官山にある「ラ・カシータ」のオーナーシェフの渡辺さんが出されている本です。
渡辺シェフは、若い時にメキシコシティにある有名レストラン「アシエンダ・デ・ロス・
モラレス」で修行をされて、帰国後本格的メキシコ料理を日本に広げたいと30年以上
お店を続けておられるそうです。
(まだカシータには食べにうかがえていませんが、行くことを今から楽しみにしています)

この本は内容が充実していて、ほんとうにいろんなことがよくわかります。
正直、メキシコに暮らしていたときは、それほどメキシコ料理に興味がなかったり(涙)、
こどもが小さかったので、外食は日本食ばかり行っていたり・・・



話がそれましたが・・・・

メキシコ料理といっても基本的にこのふたつに分類されます。

‥租的メキシコ料理

▲▲瓮螢で発展したメキシコ料理 いわゆるtex-mexと呼ばれるもの


まあ両方の料理をミックスしたお店もあるのでしょうが、これからはこのふたつを
紹介してきます。



過去に食べに行ったお店もいくつかブログで紹介しています。


Fonda de la madulugada   原宿にある本格的レストラン 2009年8月
                       インテリアもメキシコ感満載でマリアッチの演奏も
                       あります。記事はこちら  とこちら   
                       こどもたちが小さくて、ビックリ(笑)

エル・トリート             新宿にあるお店 どちらかというとtex-mexかな。
                       アグアデ・ハマイカというメキシコでよく飲まれる
                       ハイビスカスティーもおいてあって、本格的。
                       2014年7月  

両方とも美味しかったな〜♪
,諒はずいぶん前に行ったっきりなので、また行ってみたいな^^


続きをお楽しみに〜
いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.16 Thursday /// comments(0) / trackbacks(0)
メキシカンスタイルで夏のおもてなし☆ *
JUGEMテーマ:テーブルコーディネート

7月に入って東京は梅雨寒が続いていましたが、一転・・
急に30度超えの夏がやってきました!



そんな季節にぴったりの、メキシカンパーティーはいかがでしょうか♪


先日テーブルの教室ワンオーバーエフさんで、1day lessonを開催しました。
題して・・

「メキシカンスタイルで夏のおもてなし」






用意した、レジュメ、ボード、写真集、器、布、小物を使って、普段あまりなじみのない
メキシコについてお話をさせていただいてから、みなさんにテーブルを作って
いただきました。



みなさん、普段はあまり使わない色使いにチャレンジ☆



オレンジをベースにした、カジュアルかつ上品なランチテーブル^^
チェックのナプキンがかわいらしく、オアハカにあるかわいいB&Bのホテルでの
お食事のテーブルみたい♪



メキシコは国土が広いので多様な自然があると説明させていただいたのですが、
こちらは砂漠地帯をイメージしたテーブル。
ランナーをベースに同系食でまとめた中に、メキシコの器を花器として使い、ちらして置いた
箸置きで遊びこころをプラス。



ルイスバラガンの写真集の中にある、インテリアのページからインスピレーション
したテーブル。メキシカンピンクとナチュラルさが同居したテーブル。
テーブルクロスをあえて裏向きにしいて、うまく模様を出されています。



赤×黄色×オレンジと一番挑戦のテーブル!
モダンさを生かしたクロス使いとサボテンに見立てたナプキンのアイデアが
おもしろい。赤のマットにタラベラ焼きのお皿が映えています。


今回はランチ付きのレッスンだったので、メキシコの食文化についても(伝統的メキシコ
料理やtel-mexについてなど)いろいろお話させていただきました。


その後、盛り付け→試食タイムと続きます。



このプレートはメキシコのセルビン焼き。



こちらのプレートはタラベラ焼き。


盛り付けていただいたのは、
        トスターダ2種(エビのカクテルと鶏肉のサルサロハ煮)
        フリホーレス
        グァカモーレ
        サルサメヒカーナ


その後試食として
        タコス2種(牛肉の炒めたもの、チーズ)


そしておすすめのコーラで乾杯(笑)。
メキシコ人はコーラ好き。辛い食べ物と甘いコーラ、合います!



ワンオーバーエフさんのブログでも、レッスンの様子を紹介していただいています。☆☆
       




  いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.13 Monday /// comments(0) / trackbacks(0)