おもてなしの教室、食の幸、飾の幸Happy Table主催。
器大好き!テーブルコーディネートを楽しむ日々。
スポンサーサイト *

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.08.04 Tuesday /// - / -
<< サルシータ 〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 | main | グズマン イー ゴメズ〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 >>
エル カリエンテ〜メキシコ料理食べ歩き in Tokyo〜 *
JUGEMテーマ:世界料理めぐり

メキシコ料理紹介シリーズ第2弾は、品川にある 「エル カリエンテ」です。

お店のコンセプトが、ニューヨーク モダン メキシカンということで、
いわゆるコテコテのメキシコっていうイメージではなく、インテリアもスタイリッシュ
でモダンな感じです。(写真がなくてごめんなさい)

なので、お料理は△tex-mexですね。

お店に入っていくと、若い店員さんたちが元気に、「Hola(オラ〜」(スペイン語で
hello)と迎えてくれます。


2015年6月に訪問



チキン、ポーク、ベジタブル、フィッシュのタコス
トルティージャ(タコスの皮)が薄めで、クレープみたいな印象。




おともだちが食べたトスターダのサラダ。大きい!
友人いわく、アメリカのファストフード店にこのメニューがあって、昔良く食べたそう。



ランチはスープとおかわり自由の飲み物がついて、1,000円でした。

ちょうど1年前2014年の6月にも一度訪れていました。この時は夜。



何を頼んだのか記憶が薄れてますが(汗)、トルティージャのスープとか
セビッチェだったかな?

正直初めて行ったときは、自分の持っているイメージと違ったので、これはメキシコ料理屋さん?
とちょっと戸惑いましたが、おしゃれに進化しているスタイルとして楽しめそうです☆

食器はカラフルなのが使われてますね。

品川駅降りてすぐのアトレの中にあるので、アクセスの良さが一番でしょうか。
姉妹店が代官山(アシエンダ デル シエロ)と丸の内(ムーチョ)にあります。



最後にtex-mexについて。

アメリカで合理化されて100年以上前から米国民に親しまれてきたメキシコ料理。

もともとテキサスとカリフォルニアはメキシコの領土だったのだが、1846年から48年の
米墨戦争でメキシコが破れて、アメリカに領土になったという歴史があるので、tex-mexの
ルーツもそこからきたんでしょうか。texとはテキサスのことを言ってます。

日本に入ってきているメキシコ料理はアメリカから伝わってきているので、こちらの
料理が主流です。

ブリトー、ナチョス、タコスの揚げてある固い皮(タコシェル)などは、メキシコにはなく
アメリカで進化したメキシコ料理です。

タコシーズニングやチリパウダーなど市販の味付け調味料を使うことが多いようです。

手軽でボリューミィーなイメージですね!


次回はタコス編!
いつもよんでくださってありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします^^


にほんブログ村 料理ブログ テーブルコーディネートへ

2015.07.22 Wednesday /// comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト *
2015.08.04 Tuesday /// - / -
Comment









Trackback URL
http://arroyo.jugem.jp/trackback/1039